2006年04月02日

第1節セリーグ開幕シリーズ1勝2敗vs燕@神宮

 2006年タイガースの開幕シリーズは2年連続対スワローズ戦となったわけだが、
去年と違うのはビジターとしての開幕となったことか。去年の開幕シリーズは大阪ドー
ムをホームとして臨んだわけだし、開幕初勝利となった2戦目は観戦にいった。

 さて、例年のごとく開幕投手を任された井川で初戦を落とし、ある意味吉兆かと思
えたのは少々いびつなファン心理ではあるけど、第2戦でサヨナラ負けを喫するあた
り、まだまだWBC組の復調にはほど遠いということかもしれない。そういう意味で
は能見に負けがついてしまったのはかわいそうではある。開幕戦でよかった分、余計
にそう思えてしまう。でもまあ、昨年も開幕時点ではまだまだ中継ぎ以降の構成も模
索状態であったし、JFK以外のタレントもそれなりにそろっている上に吉野が復活
傾向にあるというプラス面に期待して、今後落ち着いてくるものと思いたい。

 2敗で迎えた第3戦、江草が見事にスワローズ打線を押さえ込んだようで、結果と
しては9−1と大差がついたゲームで初勝利をあげた。攻撃の方もホームラン攻勢だっ
たようで、健太郎やシーツ先生、金本に1発(シーツ先生は2発か)が出た。ただ、
最終回調整登板のような形で出てきたらしい久保田がリグスにソロを浴びたのは余
計だったけど。まあ、久保田の場合点差があるときはなんか追いつかれない程度に打
たれるという傾向が去年もあったように思うし、これはもしかしたらあまり心配する
必要がないことかもしれないが。

 とにかく、2006年のセリーグペナントレースもスタートした。タイガースは黒
星先行での出だしとなったけど、まだまだ始まったばかり。連覇した上で去年の日本
シリーズの借りを返すこと。これを今年こそ果たしてほしい。


 第3戦で久保田が調整登板したことについて、江草の初完封を奪った
形になった采配への批判が結構聞かれる。感情的には理解できるのだけ
ど、そうやってださなければならないくらい、まだまだ久保田のできが
不安だということだと思って納得している。現時点では江草に記録をつ
けることよりも勝てるチーム構造を確立していくことの方が、長いペナ
ントレースを戦っていく上で重要との判断ということだ。まあ実際、リ
アルタイムにゲームを見ていれば自分も文句を言っていただろうが…
posted by Pipe at 21:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 虎/野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

けふが開幕! 阪神9−1ヤクルト
Excerpt: 打つては先發野手が全員安打、守つては江草が8囘を無失點。 けふがタイガースの開幕試合となつた。
Weblog: 仙丈亭日乘
Tracked: 2006-04-02 22:55

プロ野球 April 02, 2006
Excerpt: 巨人  7??4  横浜 乱打戦を制したのは巨人でしたね。 追いつかれてからのイ・スンヨプ、由伸に二者連続HRが出て勝ち越すと、最後は今シーズンから加わった期待の守護神豊田がピシャリとしめ..
Weblog: Pride of football...
Tracked: 2006-04-03 14:24

江草で初勝利!
Excerpt: 開幕カードをなんとか1勝2敗に。 投手の出来に左右されるのは確かだが、まだまだ打線が本調子ではない。 その中でも、関本、シーツ、金本に一発が出たのは気持ち的には安心材料かな。あ、シーツは二発か。 し..
Weblog: others
Tracked: 2006-04-03 22:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。